低収入でもパパ活できる唯一の理由って?

スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング
パパ活攻略

金銭的に余裕のない男性は、背伸びをして嘘の年収をパパ活アプリで書いてしまうなんてこともありますよね。

しかし嘘を貫き通すのは大変ですし、お手当てでは嘘をつけません。結果として双方得をしない状態になってしまうこともあるでしょう。

「それでは低収入ではパパ活できないのか?」と肩を落とす男性もいるかもしれませんが、安心してください。

このページで紹介するコツを押さえれば、低収入の男性でも安心してパパ活ができるでしょう。

お金持ちより「庶民的」なほうが好かれる場合がある

パパ活女性の中では高圧的で鼻持ちならないハイスペック男性よりも、等身大で共感性のある庶民派男性のほうが好きという人も存在します。

もちろん年収で正直な年収を書いてしまうとメッセージが集まらないデメリットこそありますが、アプリを探せば月額5,000円程度で使えるものもありますし、6ヶ月など長期のプランでは割安となりお得に使えるアプリを選べば十分に使い倒せます。

このように庶民派でもいいよという女性を見つけるのはまずパパ活アプリの選び方から気をつけなければいけません。1ヶ月など短気なプランでは月額費用も高くなりがちですし、他のハイスペック男性と比較されてなかなか女性とメッセージが続かないことも考えられますよね。

まずは女性とメッセージができるような、自分に合ったアプリを見つけてみることから始めてみてください。外見よりも内面重視で相手を選んでくれるような女性が見つかれば、ライバルより共感性や上から目線にならない等身大の自分で勝負することができるようになるでしょう。

アプリで収入を「盛って」記載する場合には

とはいえ、収入が低すぎてはマッチングできる女性の数も限られてきてしまうのもまた事実。

「とりあえず会うことで女性にアピールできるポイントがある」という男性は、プロフィールの年収を盛って表示させてみる方法も効果的です。

具体的に、「一緒にいてつかれないパパを演出する」「イケメンでデートしていて楽しい男性と思わせる」「嘘を最後まで貫き通す」などのテクニックを使えば女性にまた会ってもいいな、ぜひ会いたいと思わせることができますよね。

正直言って、見た目がイケメンならば他のパパよりもかなりリードしています。お腹がでていない、ハゲていないだけでもかなりプラスポイントです。

そういった男性は年収を盛ってリアルで女性に会う機会を増やすだけで、リピートしてもらえる可能性を高めることができるでしょう。ただしイケメンに限るではありませんが、イケメンが有利にはたらくのはパパ活も変わりません。

また見た目に自信がなくても、「一時的に収入が落ちているんだ」と女性に納得してもらうことができれば将来収入が戻ることを期待されてリピートしてもらえる可能性も増えてきます。

いずれにしても、「また会いたい」「会っていて疲れない」といったメリットが大きいパパを目指すことが収入を盛ってプロフィールに記載することのメリットだと言えるでしょう。

すべて正直に話すのはNG

ただし、「本当は低年収なんだよね」「アピールできるポイントなんて1つもないよハハハ」なんて正直に話してはいけません。

女性としてもメリットを感じない男性とリピートして会いたいと思いませんし、やはり目的としてはお手当をもらうのが一番重要なことです。

その部分でなんとか妥協してもらいつつ、またはいつか復活するといって引き伸ばしつつ、パパ活女子を金銭以外のの魅力で引き止めて置けるかどうかが重要なポイントだといえるかもしれえませんね。

sanmarusanといったアプリではアプリを通して直接サービスを購入できるパパ活アプリとなっているので、「いきなりラブホで待ち合わせしたい」「ショッピングデートから始めたい」といった男性におすすめのサービスとなっています。

コメント