パパ活と援交の違いまとめ。男性側が逮捕リスクを下げるには?

スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング
パパ活攻略

「パパ活と援交って同じじゃないの?」
「パパ活がどう見ても援交にしか見えなくてやりづらい」

といった男性も多いのではないでしょうか。

確かにパパ活は体の関係ありだと援交と変わりません。しかし対面的には「食事やデートで金銭を払う」ことを前提としているため、逮捕されるリスクを下げられています。

また女性側が男性を選ぶといった側面が強いのがパパ活なので、比較的男女が対等にお付き合いできる可能性が高いのがパパ活の魅力だと言えるでしょう。

どういうことか?詳しく見ていきましょう。

女性目線でパパ活のメリットは「相手を選べること」

パパ活は長期的に関係を構築することが援交と違います。

援交というと一度切り、お金の関係がすべてといったイメージですがパパ活では二人信頼関係も重要になってきます。そのためお金だけでなく容姿や話しやすさなどの性格面も見られるところが特徴的だと言えますね。

もちろん選ぶのは女性側だけでなく、男性もパパ活女子を見極めています。パワーバランスとしてはお金を払う男性が優位になりがちだと言われていますが、人気女性は男性としても離したくないのでついつい言うことを聞いてしまうといったこともあるようです。

そのように微妙なバランスで成り立っているのがパパ活の面白さですし、ただお金で割り切った関係をする援交とは決定的に違う点ですね。どれだけお金をもったハイステータスな男性でも生理的に抱かれたくないという場合もあるでしょうし、逆に収入はそこまで高くなくてもトークが面白くてもっと一緒に過ごしたいと思ってもらえることもあるでしょう。

パパ活アプリなら会う前にプロフィールなどで相手の情報を知れますし、クローズドで相手の情報が事前に知れない援交とは決定的に違いますよね。そのようにお金の関係だけでなく信頼関係も重要視されるのがパパ活と援交の大きな違いだと言えます。

パパ活でパパが逮捕リスクを下げるためにできることは?

とはいえ、金銭の授与があって肉体関係になったら売春行為として逮捕リスクが出てきてしまうのもまた事実です。

パパ側としてはどういった対策でこれを防いでいったらいいでしょうか?

結論としてまず肉体関係ありの女性にはアプローチしないこと。当然ですが、肉体関係を持ってしまうとリスクが高いのは男性側です。女性としては手っ取り早くお小遣いを稼ぐために肉体関係ありの関係を希望することがありますが、男性としてはまず食事デートから相手との信頼関係を深め、相性がいいようならリピートして仲良くなっていく方法をおすすめします。

どうしても肉体関係がなきゃイヤだ!という場合には、sanmarusanといったアプリの利用がおすすめ。

こちらのアプリを使うと最初からラブホテルで待ち合わせてサービスを受けることができますし、アプリ側でサービスの内容が決められているのでリスクを最小限に抑えることができるんですよね。

男性は最低限、相手の年齢に気にかける

相手が18歳未満の未成年だと完全アウトなので、上記で紹介したような年齢確認がしっかりとされているアプリを利用することで対策することもできます。

男性としてはあとになって「年齢なんて知らなかった」と言っても通用しませんから、まず最初の段階で相手の言うことを鵜呑みにせず、18歳以上しか利用できないアプリを利用するのが一番賢いやり方です。

Twitterや無料掲示板などで相手を募集してしまうと18歳未満が嘘をついて利用していることも考えられますから、絶対利用することはやめたほうがいいでしょう。

コメント